雇用政策

経済同友会代表幹事、終身雇用と新卒一括採用を語る

経団連会長があれこれ放言問題提起して以来、いわゆる「終身雇用」なるものに関する議論がかまびすしいわけですが、有意義な論調も見られるのに対して、率直に申し上げてストライクゾーンを外れたところでバットを振り回しておおいに空振っている人というの…

城繁幸氏の就職氷河期論

一昨日久々に長めのエントリを書いたところ読者の方からネタ提供をいただいたので書きたいと思います。いや城繁幸氏なんですが、就職氷河期世代についての総括(就職氷河期世代とはなんだったのか)がウェブに掲載されているとのことでしたので読んでみまし…

低価格依存症

なんか毎回同じ話を繰り返しているような気はするのですが、昨日の日経新聞朝刊にこんな記事が掲載されていました。物流業界の働き方改革にともなうコストアップが価格転嫁されつつあるという話です。 …アイス、ヨーグルト、冷凍食品――。今春に相次ぐ食品値…

労働新聞「リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済」(2)

連載第2回が掲載されております。記事タイトルにもありますが、主な趣旨は事前型の金銭解決(連合などのいわゆる「手切れ金解雇」)を排除しつつ、使用者の申し立てによる金銭解決を可能とするにはどうしたらいいか、を考えています。 www.rodo.co.jp

労働新聞「リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済」(1)

例によって中央大学の肩書になりますが、業界紙『労働新聞』で標記の連載が開始しております。鶴光太郎先生、諏訪康雄先生、倉重広太朗先生という錚々たるラインアップからバトンを受ける形ではなはだ荷が重いのですが、まあこんなことを言うのはこいつくら…

あなたがダイバーシティを語らないでください。

毎週月曜日の日経新聞朝刊の女性欄に、立命館アジア太平洋大学学長の出口治明氏が「ダイバーシティ進化論」というコラムを連載しておられます。本日のお題は「経団連の就活ルール廃止 僕が賛成する理由」というのですが…。 経団連は2021年卒から、大学生らの…

70歳就業と中途採用

昨日、政府の未来投資会議が開かれ、会議に提出された論点メモという資料によると「70歳までの就業機会確保の進め方」「中途採用促進の進め方」「疾病・介護予防の進め方」の3つの論点が取り上げられたようです。さすがに連合の神津会長(と労政審の樋口会長…

公務部門における障害者雇用

これも意見照会を頂戴していた案件ですが事実関係がはっきりしないところが多くコメントしにくいなあと思っておりましたが、今般第三者検証委員会の報告書が発表され、厚生労働省のウェブサイトにも掲載されています(国の行政機関における障害者雇用に係る…

育休延長目的の「落選狙い」

今日(10月18日)の日経新聞朝刊に面白い記事が掲載されていましたので備忘的に。 育児休業を延長したい人が「落選狙い」で保育所の利用を申し込む事例が目立っている。育休の延長には保育所に子供を預けられないことを証明する落選通知が必要だからだ。保育…

「設備投資か外国人か」フォロー

読者の方から、10月9日のエントリ「現実は「設備投資か外国人か」ではないのでは?」でご紹介した自動調理機「ロボシェフ」が、なんと同じ日(10月9日)のNHKの朝のニュース「おはよう日本」で報じられていたとの情報をいただきました。ありがとうござい…

現実は「設備投資か外国人か」ではないのでは?

週末の日経新聞にこんな記事が掲載されました。 吉野家ホールディングスが5日発表した2018年3~8月期連結決算は最終損益が8億5000万円の赤字(前年同期は13億円弱の黒字)になった。主力の牛丼店「吉野家」は増収を確保したが、人手不足を背景にした人件費高…

毎月勤労統計調査

お訊ねをいただきましたので簡単にコメントしたいと思います。もちろん統計については素人で詳細に論じることはできませんのでそのようにお願いします。 さてこれに関しては先月西日本新聞が「ローテーション・サンプリングに変更したら賃金上昇率が高くなっ…

ベトナム人介護労働者受け入れへ

続いてはこれかな。だいぶ旧聞ですが、 政府はベトナム政府と同国からの介護人材の受け入れ拡大で合意した。政府は1年以内に3000人、2020年夏までに1万人の数値目標を設け、ベトナム側もこれに協力する。期限と受け入れ数を掲げ、環境整備を急ぐ。介護分野…

外国人労働者の新在留資格

これについても意見照会をいただきましたので書きたいと思います。骨太の方針に織り込まれたのをふまえて検討組織を設置するという流れになっているようですね。 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、外国人労働者の受け入れ拡大をめぐり、必要な法整備などを…

濱口・中村対談

もうひとつ、これはお名前を出してもいいと思いますが、先日溝上憲文さんと呑んだときにこの対談記事を書かれたとご紹介いただき、非常に面白いのでぜひ読んでくださいと推薦されて、では読んで感想を書きましょうと約束しました、という経緯で以下書きたい…

いよいよ無期転換

この件についても意見照会をいただいておりました。ご回答を約束したわけではないのですが、ここで整理しておくのも有意義と思うので書いてみたいと思います。業界の一部ではかねてから2018年問題といわれていた「有期労働契約反復更新5年超で無期転換」ルー…

日本人に40歳定年の選択肢をby日経ビジネスオンライン

こちらは2月9日の記事なので上の記事ほど時間は経っていませんがしかしもう1か月経っており、やはりはなはだ旧聞なのですが約束は果たすということで、日経ビジネス記者の武田健太郎氏の手になる柳川範之先生のインタビュー記事です。 日本人に40歳定年の選…

公取が人材と競争政策に関する検討会を開催

雇用政策タグでいいのかどうか悩ましい。公正取引委員会の競争政策研究センターが人材と競争政策に関する検討を行うため「人材と競争政策に関する検討会」を開催するそうです。委員名簿には労働の専門家の名前もいくつかありますね(今回は大内伸哉先生のお…

雇用再興・正社員ゼロ

池田信夫先生再来(謎)。リクルートワークス研究所の機関誌「Works」の最新号が刊行されました。私はワークス研究所については組織・研究員ともに非常にリスペクトしており、シンポジウムなども開催されれば楽しみに聴講していて(面白いという意味では役所…

雇用逼迫は成長の壁になるか

働き方改革実現計画の話が思いっ切り途中であり、かつ今日書かないとまた何日か開きそうな気配も感じられるのですが、週末の日経新聞になんとも手頃なネタが転がっていたので取り上げたいと思います。土曜日の朝刊に「雇用逼迫が成長の壁 失業率22年ぶり低水…

日経提言と有識者提言

土曜日の日経新聞朝刊の1面トップに「崖っぷちは好機」という見出しがどーんと踊っていてどこの松岡修造ですか。なにやら「働き方改革はブーム」なので「日本経済新聞社は経営者やエコノミストの手を借り、改革の理想像を提言にまとめた」ということで、「我…

働き方改革・フォロー

さて働き方改革についてもしばらく書いておらず、その後の動向についてということでおたずねをいただきましたので2点ほど。まずは同一労働同一賃金について、これがご関心事のようであり、また折よくガイドライン案ができたとの報道もありましたので書いてみ…

潜在成長率と雇用の流動性

昨日(10月17日)の日経新聞朝刊に面白い記事が掲載されていましたのでご紹介したいと思います。毎週月曜日に連載されている「エコノフォーカス」というコラムで、今回は「転職しやすさ、賃上げを刺激 勤続短い国は潜在成長率高め」という見出しが打たれてお…

日経につけるクスリ

ということで昨日めでたく第1回の働き方改革実現会議が開催されたようでさっそく資料などもウェブ上に掲載されておりますが、まあ見るかぎり人数も多かったようですし各自言いたいことをひとことずつ発言したというところでしょうか。最後に首相から総括の発…

先祖がえり

昨日(6月12日)の日経新聞の連載コラム「中外時評」に同紙論説副委員長の水野裕司氏が登場され、「正社員改革こそ本道 「一億総活躍」めざすなら」と題して所論を展開しておられますのでご紹介したいと思います。「中外時評」は毎週日曜日に論説委員の持ち…

ワークス研究所「新しい調査と働き方指標に関するシンポジウム」

ワークス研究所の戸田淳仁さんにご招待をいただき、昨日開催された同所主催の標題のシンポジウムを聴講してまいりました。テーマは「全国就業実態パネル調査(JPSED)で日本の就業を評価する−働き方の可視化と労働政策への展開可能性」というもので、ワーク…

ようやくここまで来た、大事なのはこれからだ

新潟と酒田で山籠もりをしておりました。帰還したところこんなニュースが。 正社員の数が8年ぶりに増加に転じた。総務省が16日に発表した2015年の労働力調査によると、正社員数は前年比26万人増の3304万人になった。新たに働き始める女性や高齢者が増えたほ…

設備投資と雇用規制

昨日開催された第3回官民対話で、経団連の榊原会長が設備投資増と賃上げに積極的な姿勢を示したということで、各紙が報道しています。 政府は26日午前、首相官邸で企業に賃上げや設備投資を促す官民対話の第3回会合を開いた。安倍晋三首相の要請を受け、経…

2015年雇用問題フォーラム

昨日、NPO法人人材派遣・請負会社のためのサポートセンターの「2015年雇用問題フォーラム」が開催されましたので聴講してまいりました。このNPO法人は「サービス業界における企業および管理者に対して、人事・労務管理を中心とする経営相談や教育支援…

日経経済教室の派遣法改正特集

先々週から先週にかけて石川県白山市→和歌山県田辺市という豪快な山籠もりを決行しました。なにやってんだろう私。とりあえず平成の大合併でずいぶん市域が広くなったもんだと実感しました。 さてこの間も世の中はいろいろと動いているわけですがわたくし的…