ビジネスガイド11月号

 (株)日本法令様から、『ビジネスガイド』11月号(通巻894号)をお送りいただきました。いつもありがとうございます。

ビジネスガイド 2020年 11 月号 [雑誌]

ビジネスガイド 2020年 11 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/10/10
  • メディア: 雑誌
 本号の第1特集は「コロナ禍の就業規則・社内規程」で、コロナ禍にともなって発生・拡大した従来とは異なる課題、具体的には休業手当やテレワーク(とそれに伴うパワハラや費用負担など)、副業、就業禁止、自己保健」といったものについて、就業規則や社内規程における対応を解説しています。第2特集は「部門間で業績の差が大きい企業の人事対応」というもので、部門間の人事交流や不振部門の人員整理などといった場面での法的留意点が解説されています。
 八代尚宏先生の連載「経済学で考える人事労務社会保障」は前回に続いて雇用保険が取り上げられ、今回は育児休業について検討されています。日本の育休制度や育児休業給付等は国際的にも遜色ないとの前提のもと、短時間勤務では多くの場合で時間割で賃金が減額されることが取得の障害になっていることに対し、職務範囲を明確化して仕事の内容で報酬が決まる働き方を拡大することで時間割減額を縮小できる可能性を指摘しておられます。また、男性の育休取得が(拡大しているとはいえ)低水準にとどまっていることに対しては、キャリア上の不利益を避けるために育休中であっても一定の短時間勤務を認める規制緩和が必要と主張しておられます。いずれも育児とキャリアのトレードオフという働き方とキャリア形成の根本的な部分にかかわってくるだけに難しい問題といえそうです。大内伸哉先生のロングラン連載「キーワードからみた労働法」は今号は「強行規定」です。次号ではおそらくは今般の大阪医科薬科大・メトロコマース日本郵政最高裁判決が取り上げられると思われ、それに向けての伏線らしき記述もあります(これについてはたぶんビジネスガイド誌としての特集も組まれるでしょう)。

武石恵美子・高崎美佐『シリーズダイバーシティ経営 女性のキャリア支援』

 法大の武石恵美子先生、立大の高崎美佐先生から、ご共著『シリーズダイバーシティ経営 女性のキャリア支援』をご恵投いただきました。ありがとうございます。以前ご紹介した坂爪洋美・高村静『管理職の役割』に続く「シリーズダイバーシティ経営」第2弾です。

 政策動向に続いて、広範な文献をふまえて女性のキャリア形成の各ステージにおける実情と課題、企業に求められる役割などが詳細に論じられています。従来から、往々にして両立支援(と近年では管理職昇進)がもっぱら注目されがちなきらいがありますが、本書では実は非常に重要な初期キャリアについても同等のボリュームで論じられており、またスローキャリアな「女性一般職」にも1章があてられるなど、充実した一冊となっています。授業で活用できそうな内容も多く、しっかり勉強して取り入れさせていただこうと思います。

清家篤・風神佐知子『労働経済』

 清家篤先生から、風神佐知子先生とのご共著『労働経済』をご恵投いただきました。ありがとうございます。

労働経済

労働経済

 オーソドックスな労働経済学の学部向けテキストで、第1部の「基礎編」では需要曲線・供給曲線からはじまって労働市場の理論が解説されます。第2部の「応用編」では高齢者雇用、女性雇用、雇用調整といった個別のイシューへの応用が解説されています。第4次産業革命といった最新動向にも触れる一方で、最後に1章をあてて集団的労使関係についても論じられていて行き届いている印象です。私もまあ労働経済学はなんとなくわかっているような顔をしているわけではありますが、なにかと怪しいところもなくはない(笑)ので、この本で学びなおしたほうがいいかもしれません。

野原蓉子『改訂増補 パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く』/吉田寿『未来創造型人材開発』

 (一社)日本経団連事業サービスの輪島忍さんから、経団連出版の最新刊、野原蓉子『改訂増補 パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴くーこじらせない!職場ハラスメントの対処法』と、吉田寿『未来創造型人材開発-進化する育成戦略と学びのデザイン』をお送りいただきました。いつもありがとうございます。

 前者は2017年に刊行された初版に、今般策定されたパワハラガイドラインに関する内容を追加した改訂増補版です。相談事例が多数掲載されていて読みやすく書かれています。
 後者は人材開発の観点から整理した人事管理の実務家向けテキストという趣の本で、ある程度経験を積んだ人事担当者が人事制度や研修などの企画業務に携わる際などには大いに参考になりそうです。
 ちなみにこのお二人はこの6月にも経団連出版から橘大樹さんとの3人の共著で『パワハラ防止ガイドブック-判断基準、人事管理、相談対応がわかる』を上梓しておられ、精力的に執筆活動に取り組まれているようです。

日本労働研究雑誌10月号

 (独)労働政策研究・研修機構様から、『日本労働研究雑誌』10月号(通巻723号)をお送りいただきました。いつもありがとうございます。

日本労働研究雑誌 2020年 10 月号 [雑誌]

日本労働研究雑誌 2020年 10 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/09/29
  • メディア: 雑誌
 今号の特集は「あらためて賃金の「上がり方」を考える」というもので、賃金研究は一時期に較べるとやや下火かなという勝手な印象があったのですが、ここにきてなにやら胡散臭い、日経新聞などなどのいわゆる「ジョブ型」なるものが商品化されていることもあり、まことに時宜にかなった特集といえそうです。
 内容はこれからしっかり勉強させていただきたいと思いますが、賃金の「上がり方」というのは小池和夫先生が『仕事の経済学』で賃金の「決め方」と「上がり方」を区別して整理されたことを踏まえたものと思われ(いやオリジナルはもっとさかのぼれるのかもしれませんが)、これを勉強した当時を懐かしく思い出すとともにこれが一般名詞化して使われているところにも多少の感慨を覚えてみたりしています。
 パラパラと見た範囲では、同志社の田中秀樹先生の論文で、労働者にとっての仕事の報酬は相変わらず働きがい(専門性発揮など)や仕事そのものという内発的なものが最大という結果は成果主義の失敗と高橋伸夫先生の「仕事の報酬は次の仕事(私が勝手に言い換えればキャリア)」というご指摘を思い出させますが、「ワークライフバランスに資する外的報酬を求めているものも多い」というのは中期的な変化なのかもしれないななどと興味深く感じました。他の論文も興味深いものばかりで、こちらも楽しみに勉強させていただきたいと思います。
 

Works Review「働く」の論点2020

 リクルートワークス研究所様から、年次報告書『Works Review2020』をお送りいただきました。ありがとうございます。
www.works-i.com
 本年版の特集テーマは研究所のミッションにも掲げられている「一人ひとりが生き生き働ける次世代社会」というもので、同所の17人の研究員の方々が執筆しています。巻頭に同所の新旧所長と特任研究顧問の野田先生の鼎談があり、続いて2部構成の特集があり、その後に紀要的な論文集が続くという構成です。
 とりわけ、特集第1部の「『マルチリレーション社会』への誘い」は、新型コロナ禍でリレーションのリモート化・デジタル化を余儀なくされている現在、特に読まれるべきものであると感じます。先日のJILPTのテレワークに関する政策シンポジウムでも緊急事態宣言下で一気に拡大したテレワークが7月には縮小していることが報告されましたが、むしろそれは自然な動きだろうと思います。もちろんリモート・ヴァーチャルにも利点は多々あるわけで(特集にもSNSによるリレーションの考察があります)、この経験を評価しつつ今後のリレーションの在り方を探っていく必要があるのでしょう。楽しみに勉強させていただきたいと思います。

季刊労働法2020秋号

 ようやく掲載誌を手に取りました。いや職場にお送りいただいていたところ私がしばらく出社しなかったので回収が遅れたのですが。

季刊労働法 2020年 10 月号 [雑誌]

季刊労働法 2020年 10 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/09/15
  • メディア: 雑誌
 ということで一本掲載されております。”「70歳就業」の検討課題”という特集のコンテンツで、「人事管理の視点からみた70歳就業の課題」というお題で、大学の肩書で書きました。文中でも書いたのですが締め切りが7月11日でまだ政省令が提示されていなかったためなかなか書きにくく、成長戦略や審議会建議や国会会議録などをもとに書いたところ霞が関や労組の方とかなりかぶってしまいましたが、まあ60歳→65歳の際の経緯と比較しつつ考察したところは特集中でもユニークかと思います。さらには校正中の7月末に基本問題部会に政省令案が提示されるという間の悪い展開となり、まあ相当に消化不良な代物になったいますが事情ご賢察のうえご容赦ください。