脇坂明『女性労働に関する基礎的研究』

「歌う労働経済学者」脇坂明先生から、『女性労働に関する基礎的研究−女性の働き方が示す日本企業の現状と将来』をご恵投いただきました。ありがとうございます。

勤労婦人福祉法が男女雇用機会均等法に変わった1986年当時、著者の脇坂先生は決して数多くはない女性労働を研究する経済学者のひとりでした。それ以降、今日に至るまで一貫してこの分野に取り組み続け、2002年の日本型ワークシェアリング、2007年のワーク・ライフ・バランス宣言など政策面でも大きく寄与され、いまや押しも押されもせぬ第一人者のひとりといえるでしょう。
本書は、主に著者自身による過去20年程度の研究の蓄積をもとにまとめられた学術書とのことで、全編を通じて日本企業の職場・現場の実情に根差した調査と考察が積み上げられており、この時期に人事管理の実務を経験した人にとっては説得力のある・納得のいく内容が多いのではないかと思われます。
そして、これをふまえて第8章で示される提言は、わが国企業の「遅い選抜」は「女性活躍を阻む以外はすぐれた慣行」であるとして、それを維持しつつワークライフバランス施策を推進する、というものです。そのうえで、男女がともに能力向上していくよう、(その限界の自覚のもとに)仕事表を活用して各職場のすべての仕事とメンバーのそれぞれの仕事の習熟度を明確化し、ジョブ・ローテーションを促進することを提言しています。「抜本的な改革の提案」みたいなものをご期待の向きには物足りない、というか拍子抜けかもしれませんが、逆にいえば著者が自ら調査した「日本企業の職場・現場」の裏付けのある範囲に自制した良心的な提言ということだろうと思います。
なお今回は「いつまでも燃える紅葉の茜」が登場しなかったのは淋しいといえば淋しいような(謎)。