採用・就職

学歴インフレ

※「フィールド別採用」は4月20日のエントリに移しました。 昨日に続き、一日遅れで日経「経済教室」の「人口減時代の人材力強化」をフォローしたいと思います。本日は(中)ということで、教育社会学者の苅谷剛彦先生がご登場です。苅谷先生はオックスフォー…

就活はハイリスク・ノーリターン?

連日で申し訳ありませんが池田信夫先生のブログに面白い記事を発見しましたので。「就活はハイリスク・ノーリターン」というエントリで、グーグルの村上憲郎さんの発言が紹介されています。 きのうのアゴラ就職セミナーの村上憲郎さんの話が話題になっている…

同友会と日商

今朝の日経新聞から。 大学生の就職活動が長期化している問題で、経済3団体のスタンスが微妙に異なっている。会社説明会などの開始時期を現状より約2カ月遅い大学3年の12月とするよう企業に求めるのが日本経団連案。日本商工会議所と経済同友会は20日、そ…

学生がバカだからby池田信夫先生

きのうのエントリとの関連で、池田信夫先生のツイッターから。ご教示いただいた方ありがとうございます。 誰もいわないが、学生がバカなことが就職難の原因。 RT @makoto_naruke: 東洋経済1.15号。大学生が就職したい会社No.1はJTBだそうだ。不思議な国だ。1…

金融経済の専門家、就活生に助言する

ベストセラー作家・村上龍氏主宰のメールマガジン「JMM」、年頭初の号は「金融経済の専門家たちに聞く」で新卒就職問題を取り上げています。設問はこうです。 就職状況は、超氷河期と言われています。厳しい就職活動を行っている大学、高校生に対し、何か…

ものつくり大学の学生情報

本日配信された「厚労省人事労務マガジン」別刊第12号で、埼玉労働局が実施している『大学新卒者(平成23年3月卒業予定)の「学生情報」の提供』が紹介されていました。 埼玉労働局では、学生と企業の最適な雇用マッチングを図るため、10月1日から県内の大…

就活短縮、大学「賛成」学生「不安」

日本貿易会が採用活動の「適正化」を求めている件についてはこのブログでも以前に取り上げましたが、同会はきのう経団連に提言する見直し案を記者発表したそうです。今朝の日経から。 …貿易会の案では、現在大学3年生の10月に始めている会社説明会など広報…

厚労省、卒後3年は新卒扱いを要請

「青少年の雇用機会の確保等に関して事業主が適切に対処するための指針」が改正され、本日公布・施行されたということで、厚生労働省からプレスリリースが出されています。 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000wgq1.html 発表文中にも「今般の改…

音楽系大学のキャリア教育

既報のとおり一昨日・昨日と日本キャリアデザイン学会の研究大会が開催されました。私は昨日は所用で参加できず、一昨日のみの参加となりましたが、例によって感想など書いてみたいと思います。 まず大会に先立って理事会があり、私はめでたく常務理事職を規…

結論はやはり「中間的形態」

ダイヤモンドオンラインの「識者が語る日本のアジェンダ」というコンテンツに東大の本田由紀先生が登場され、「教育の社会的意義」について存分に?語っておられます。 http://diamond.jp/articles/-/9752 まあリンク先をお読みいただきたいのですが、冒頭か…

大手商社、採用開始時期見直しを要請

就職活動の早期化・長期化が問題になる中、大手商社7社が採用活動開始を「4年生夏以降に」 するよう経団連に検討を要請したそうです。日経新聞がきのうの1面で報じていました。 三井物産や三菱商事など大手商社は日本経団連に対し、企業の大学新卒者の採用…

朝日の社説が残念な件

新しいネタをやらなければと書いた(ry週末の朝日新聞から。土曜日の社説で先週終わった連載に関する内容が取り上げられています。というか、「過剰な選び合い」「圧力鍋」などの用語をみると、連載でコメントしてきた日本学術会議の「回答」を読んだ上で書…

日本学術会議、「大卒後3年間は新卒扱い」を提言(7)

あと残り少し、というところでまたしても1週間開いてしまいましたが、日本学術協会の「回答」へのコメントの最終回を書きたいと思います。今度こそ終わらせよう(笑)。 「回答」全文はこちらです。 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-k100-1…

日本学術会議、「大卒後3年間は新卒扱い」を提言(6)

連載を中断してはじめた連載が元の連載より長くなるという状況もいかがなものかとは思ったのですがなにせ面白い&簡単に書けるので続けてしまいました。今日は元の連載である「日本学術会議、「大卒後3年間は新卒扱い」を提言」に戻って、残された最後の項…

日本学術会議、「大卒後3年間は新卒扱い」を提言(5)

引き続き、日本学術会議の「回答 大学教育の分野別質保証の在り方について」の第三部「大学と職業との接続の在り方について」を見ていこうと思いますが、hamachan先生がしきりに嘆かれているように、第三部の本論はここまでであって、最後の「5.就職活動の…

日本学術会議、「大卒後3年間は新卒扱い」を提言(4)

引き続き、日本学術会議の「回答 大学教育の分野別質保証の在り方について」の第三部「大学と職業との接続の在り方について」、大学教育の職業的意義の議論に続いて、いよいよ「4.大学と職業との新しい接続の在り方に向けて」に入ります。 http://www.scj.…

日本学術会議、「大卒後3年間は新卒扱い」を提言(3)

きのうに引き続き、日本学術会議の「回答 大学教育の分野別質保証の在り方について」の第三部「大学と職業との接続の在り方について」をみていきたいと思います。 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-k100-1.pdf ふと思ったのですが、何日かに…

日本学術会議、「大卒後3年間は新卒扱い」を提言(2)

さて、一昨日公表された日本学術会議の「回答 大学教育の分野別質保証の在り方について」の第三部「大学と職業との接続の在り方について」をみていきたいと思います。 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-k100-1.pdf まず、「1.若者を取巻く…

日本学術会議、「大卒後3年間は新卒扱い」を提言(1)

hamachan先生がたびたび紹介しておられた日本学術会議の提言が発表されたようで、各紙で報じられています。今朝の日経から。 日本学術会議は17日、就職難を背景にした大学生の就職活動の早期化などが大学教育の質の低下につながっているとして、卒業後3年程…

内定ゼロ

11日のエントリのフォローです。本日の日経新聞朝刊の「働く」頁に、「就活「納得できるまで」」という見出しの記事が掲載されています。厳しい就職戦線の中、とりあえず内定を確保しつつもより好ましい企業への内定を獲得すべく就活を続ける学生さんたちの…

面接官に気分よく話させる

ときおり、就活中の学生さんと思われる方から就活について電子メールで助言を求められることがあります。先日もそんなメールをいただいたのですが、その中にこんな内容(もちろんメールの文面そのままではありません)があって、少し驚きました。 「面接では…

「私立中入試―経済学で考える 競合校ほど試験日同じに」吉田あつし筑波大学教授

長くなりましたがもうひとつ。5月5日に掲載された吉田あつし先生の論考です。見出しには「違いの最小化が有利 受験機会の拡大へ規制も」となっています。「こどもの日」にこれが掲載されたのは意図があってのことでしょうか?偶然でしょうかね?ちなみに前日…

学生の大手志向に変化

もうひとつきのうの日経新聞夕刊から。 …根強かった学生の大手志向に変化が出てきている。毎日コミュニケーションズ(東京都千代田区)が11年3月卒業予定の学生約1万4800人に調査したところ、「大手企業志向」と答えた学生の割合は前年比4.8ポイント減の47…

「重厚長大」3社の採用

日経ビジネスオンラインで「就職パニック2010 大学生も企業も大慌て」という連載コラムが掲載されています。こういうご時世なので、こういうネタが受けるというのはよくわかるのですが、「大学生も企業も大慌て」というサブタイトルに示されているように面白…

大卒採用最後のチャンス

今朝の日経新聞の「振興・中小企業」面の「みちしるべ」というインタビューのコラムに、リョーワ社長の田中裕弓氏が登場しておられます。 同社のホームページなどによると、同社は福岡県京都郡苅田町所在で従業員は25人と、まさに「地方の中小企業」という感…

違和感

日曜日の日経読書欄の連載コラム「今を読み解く」で、同志社大学教授の太田肇氏が就職活動を取り上げておられるのですが、どうも違和感が…。紹介されている本をすべて読んだわけではないので、私に誤解があるのかも知れませんが。 たとえばこんな文言がある…

就職浪人にインターンシップ

これもきのうの日経から。 経済産業省は今春卒業予定で就職先が決まっていない高校生・大学生ら5000人を対象に、中小企業でのインターンシップを実施する。半年間の実習プログラムに参加する学生と中小企業の双方に助成金を支給。民間の就職支援企業が専門家…

ビックカメラ、新卒50人追加採用

これはきのうの日経から。 ビックカメラは、今春入社する新卒の大学生や短大生約50人を追加で採用する。既に計画の300人に内定を出したが、今春卒業予定で就職先の決まらない学生が多いため、人材を確保する好機と判断した。 10日から就職情報サイトで追加募…

大学生は学問などしていない?

hamachan先生のブログでの、海老原嗣生『学歴の耐えられない軽さ』の紹介エントリから。 この本の中では、「大学と社会を近づけ、企業人となってから生かせるような学問を」ということで、社会人に必要な教科を各学部から拾い上げ、それを横断的に教える、具…

メイテック、来春の採用ゼロに

週末の日経新聞に、技術者派遣大手のメイテックが来年の採用をゼロにするとの記事が掲載されていました。 メイテック、来春の新卒採用ゼロに 技術者派遣の需要低迷 技術者派遣最大手のメイテックは2010年春入社の新卒採用を見送る。新卒採用をゼロにするのは…